結婚相手に求め過ぎないことが「理想の結婚」への近道

結婚に結びつく相手を探すのはどうして難しいのか

自分が相手に何を一番求めているか

性格、容姿、収入、家族構成等々、結婚を考えた時、相手の条件は人それぞれです。それらを自分でリサーチするのは大変だし時間もないから、結婚相談所に登録される方も多いと思います。結婚相談所というところも商売ですから、登録してもらうためにあらゆる面でのサポートを用意しています。
例えば「コンシェルジュ」からアドバイスを受けられることもサポートの一つです。家族や友人には言えない「結婚」に対する悩みも相談できるし、的確なアドバイスもしてくれるでしょう。そして何より「結婚を前提にしている人」が登録しているのが、結婚相談所最大の強みになります。
しかしここで疑問があります。それは、「結婚相談所の成婚率はそんなに高くない」ことです。
結婚に関するスペシャリストがいて、結婚を前提に考えている人達が登録している。なのになぜ、成婚率は高くないのでしょうか?
その理由の一つとして、相手に求めるものが大きすぎる(理想が高すぎる)ということが挙げられます。決して安いとは言えない入会金や月会費を払っているのだから、少しでも条件の良い人と出会いたいという欲望は、大抵の人が持っているものでしょう。その他にも、成婚率の算出方法や「成婚」の定義が定まっていないなど、その理由は様々です。
しかし何にしても、結婚するために登録しているのに結婚できないのは困りますよね。時間もお金も無限にはないので、最大限有効に使っていくためにはどうするべきか、ということに焦点をあててこれから説明していきたいと思います。参考になれば幸いです。